機種別

どんなときもwifiの評判や口コミは?無制限の月額料金・速度・機種・回線を徹底調査。

どんなときもwifi

こんにちは、国内向けのレンタルWifiマニアのあきらです。

ポケットwifiの業界に、今までとは全く違ったあたらしい波がやってきています。その名前は、【 どんなときもwifi 】です。かなり良いという評判です。

どのように新しいのかというと、

  • ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが使える
  • 無制限に使える

という二つのポイントです。しかも、使用料金が今までのものとそれほどかわらないか、少し安くなっています。

ただ、デメリットもあります。

そこで、どんなときもwifiの評判や口コミ、メリット、デメリットを詳しく説明してから、他のポケットwifiと比較してみます。ポケットwifiの購入を検討されていたら参考にしてみてください。

どんなときもWiFi公式ページ

どんなときもwifiの評判や口コミ

どんなときもwifiの評判や口コミをネットから集めてみました。


カッコいいですね。


かなり注文がきてるようで、即日発送はムリの様です。


実際、乗り換えてるひとが多いです。

おおむね良い口コミだけで、悪い口コミは見当たりませんでした。2019年3月に発売されたばかりですので、悪い口コミが出てくるのはこれからかもしれません。

どんなときもwifiのメリット

どんなときもwifiのメリットとしては、大きく分けて

  • ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが使える
  • 無制限に使える

の二つがあります。

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが使える

通常のポケットwifiにはスマホなんかと同じように、3大キャリアのうちのいずれかのSIMカードが装着されていて、そのキャリアの回線を使うことができます。

ところが、どんなときもwifiにはSIMカードが装着されておらず、クラウドSIMをつかっています。

クラウドSIMとは、クラウドサーバーをつかった次世代型の通信技術です。

カンタンに言えば、どんなときもwifiの大元のサーバーにいろいろなSIMカードの情報が入っているんです。そのサーバーにログインしてきたひとりひとりのおうじて最適なSIMカードを選んで通信させてくれるといったようなかんじです。

ですから、たとえばあなたがドコモがつよい地域に入ればドコモのSIM情報、ソフトバンクが強ければソフトバンクのSIMにきりかえて通信させてくれると言うことです。

ただ、じっさいにどの回線を使ってるのかはわかりません。

また使える回線は、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線になります。あなたがいる環境によっては通信できない場合もあると言うことです。

無制限に使える

最近では、一般的に3日で10GB使うと制限がかかったり、1日で3GB使うと制限がかかります。

ところが、このどんなときもwifiでは、特別なことがない限り無制限で使えるとうたっています。

特別な場合とは、

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

と公式ページに書かれていました。

これも、クラウドSIMを利用してるおかげです。複数のSIMカードを割り当てることでデータ容量にとらわれることなく、インターネットを利用することができるんです。

もちろん、海外に持っていっても、別料金になりますがなんの設定もせずに使い続けることができます。海外旅行に良く行かれる方にはとても便利ではないでしょうか。

どんなときもwifiのデメリット

どんなときもwifiのデメリットとしては、

  • 端末はレンタル
  • 契約期間縛り(2年間)がある
  • 端末の通信速度が150Mbps

などです。

端末はレンタル

買取型のポケットwifiのように見えますが、じつは、端末はレンタルなんです。契約期間が終わったら、翌月の5日までに返さないと端末代金が請求されてしまいます。

もちろん、故障したまま返しても代金を請求されてしまいますので、レンタルだということを良くおぼえておくことがたいせつになります。

  • 返却時故障 19,440円

契約期間縛り(2年間)がある

端末はレンタルなんですが、契約期間の縛りが2年間あります。2年以内に解約しようとすると違約金がかかります。そして、2年間の自動更新があります。違約金は、

  • 0~12ヵ月目 20,520円
  • 13~24ヵ月目 15,120円
  • 26ヵ月目以降 10,260円
  • 更新月 0円

になります。

端末の通信速度が150Mbps

どんなときもwifiでレンタルされる端末は、

  • U2s

という端末になります。スペックは、

  • 下り最大 150Mbps
  • 上り最大 50Mbps
  • 連続通信時間 12時間
  • 同時接続台数 5台
  • 重量 151g
  • サイズ 127×65.7×14.2mm

となっています。最近では1ギガを超えるものも出てきていますので、150Mbpsはちょっと低い数字のような気がします。

ただ、じっさいにつかうときには、それほど気にならないのではないでしょうか。多くのSNSでも、実際のスピードはあるていどかかれてるというものが多いです。

とはいえ、2年間の縛りがありますのでカンタンに「やめる」とは言えないので、検討する価値があると思います。

どんなときもwifiの契約内容

では、どんなときもwifiの契約内容を見ていきましょう。

クレジットカード払いと口座振替払いの二つがありますが、クレジットカード払いの方がお安くなっています。ここではクレジットカード払いを見ていきましょう。すべて税込金額です。

  • 利用開始月 3,758円の日割り
  • 1~24ヵ月目 3,758円
  • 25ヵ月目以降 4,298円
  • 事務手数料 3,240円(初回のみ)
  • 2年自動更新
  • 海外利用料 1,280~1,880円/日(国による)
  • あんしん補償 432円/月
  • MicroUSBケーブル充電器 1,944円(初月のみ)

といった感じです。では、これが高いのか、安いのか、他のポケットwifiと比較してみます。

縛りなしWiFi FUJI WiFi SPACE WiFi どんなときもwifi
1ヵ月料金 3,564円 3,456円 3,974円 3,758円
1年間料金 42,768円 43,632円 47,690円 48,336円
端末機種 603HW
502HW
W04
WX05
W04
w05
801ZT
W04
U2s
通信速度 612Mbps
187.5Mbps
440Mbps
440Mbps
440Mbps 300Mbps
440Mbps
150Mbps
通信制限 1日3G
3日10G
3日10G 3日10G なし
安心保障 540円/月 324円/月 540円/月 432円/月
初期費用 なし 2,160円  なし 3,240円
その他 2年目から
3,024円
SIMプラン有 民泊に最適 2年目から
4,298円
公式HP 縛りなしWiFi FUJI WiFi SPACE WiFi どんなときもWiFi

(通信速度はベストエフォートです)

比較してみるとよくわかりますが、代表的な長期レンタルポケットwifiよりも割高になっています。

しかも、どんなときもwifiの端末はレンタルなので、なくしたり故障してしまったときには2万円位を別に払わないといけないので、結果的にだいぶ高くなる可能性があります。

これは、運営してる会社の考え方が反映されてるためだと考えられます。

どんなときもwifiの運営会社は株式会社グッド・ラックで、レンタルポケットwifiのNEXTmobileの運営会社です。グッド・ラックの親会社は、あのBroadWiMAXを運営する株式会社リンクライフなんです。

なので、佐藤二朗さんや今田美桜さんといった有名人を使ったCMを作ることができたんです。

ですから、そのあたりのこともしっかりと考えて、どのポケットwifiにするか考えていくことをお勧めします。

どんなときもwifiをおすすめの人は?

どんなときもwifiについて、評判や口コミ、メリット、デメリット、他社との比較などをみてきましたが、お分かりになってもらえたでしょうか。

カンタンにいえば、

  • ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使える
  • 通信制限がかからない

ということです。そのぶん、月額料金がチョットお高めになっていて違約金などもしっかり決められています。

ですから、どんなときもwifiにむいてるおすすめのひとは、

  • 毎月100GB以上使いたい人
  • 移動しながら使うことが多い人

になります。

ある口コミでは、110GB使っても通信制限にならなかったというのがありました。この先どうなるかはちょっとわかりませんが、今の時点では、極端に通信量の波がなければ無制限に使えるということだと思います。

とにかくたくさん使いたい人にとっては、選択肢の中でもトップとして考えてもいいのではないでしょうか。

詳しいことはこちらからご覧になってみてください。

どんなときもWiFi公式ページ