レンタルサービス

【真の無制限】3日10GB制限なしのポケットwi-fiのレンタル会社はどこ?月額料金と違約金を徹底比較!

どんなときもwifi

こんにちは、国内向けのレンタルWifiマニアのあきらです。

ポケットwifiをつかっていて疑問に思うことありませんか?

わたしがいつもおかしいな~っておもってることは、無制限と言いながら3日で10GBとか、1日3GB以上つかうと通信制限がかかってしまうことです。

単純に考えて、3日で10GBしかつかえないとしたら、1ヵ月で100GBくらいしか使えないことになります。

もちろん、1ヵ月で100GBというと、ふつうのひとには十分な量だと思いますし、わたしもそれほど使う訳ではないのでいいとはおもいますが、ちょっとひっかかります。

そこで、本当に無制限で使えるものがないのか?といつも思ってましたら、2019年の3月に真の無制限をうたってるポケットwifiがでてきました。

その名前は、【 どんなときもwifi 】です。買取型とレンタルのポケットwifiの中間のようなものですが、詳しく解説していきます。

どんなときもWiFi公式ページ

どんなときもwifiのメリットは?

どんなときもwifiの特色としては、

  • ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの回線を使える
  • 通信量が無制限
  • 海外でも使える

ということです。

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの回線を使える

いきなりドコモもauもソフトバンクも使えると言われても分からないと思います。

じつは、どんなときもwifiにはSIMカードが入っていません。その代り、次世代型の通信技術のクラウドSIMが使われています。

通常はあなたの端末にSIMカードがはいっていて、その時点でどの回線を使うのか、どの電話番号を使うのか決められています。

ところが、クラウドSIMは、どんなときもwifiのサーバーにいろいろな回線のSIMカードが用意されてる感じなんです。

つまり、あなたの端末からまずはどんなときもwifiのサーバーにアクセスして、そのときのあなたの端末の環境から最適なSIMカードを見つけてインターネットに接続するイメージです。

そのどんなときもwifiのサーバーの中に、ドコモ、au、ソフトバンクがあるので、3大キャリアの回線のなかで、いちばんつながりやすいものを選んでつながることができるんです。

通信量が無制限

なので、通信量そのものに制限はかかりません。

いずれ、クラウドSIMが主流になったり、どんなときもwifiの加入者がとてつもなく多くなってしまったら、通信量をどうするか変わってくるとは思います。ですが、いまのところは、3日で10GBの制限などは全くありません。

海外でも使える

もちろん、海外でもそのまま使えます。どんなときもwifiには、ドコモ、au、ソフトバンクだけではなくて、海外の107ヵ国でつかえるSIMがそろっています。なので、そのままもっていっても使うことができます。

ただ、海外でつかうには別途料金がかかります。

では、通常の利用料金やかいがいでの利用料金はいくらくらいで使えるのでしょうか?

どんなときもWiFi公式ページ

どんなときもwifiの料金は?

では、どんなときもwifiの契約内容を見ていきましょう。

クレジットカード払いと口座振替払いの二つがありますが、クレジットカード払いの方がお安くなっています。ここではクレジットカード払いを見ていきましょう。すべて税込金額です。

  • 利用開始月 3,758円の日割り
  • 1~24ヵ月目 3,758円/月
  • 25ヵ月目以降 4,298円/月
  • 事務手数料 3,240円(初回のみ)
  • 2年自動更新
  • 海外利用料 1,280~1,880円/日(国による)
  • あんしん補償 432円/月
  • MicroUSBケーブル充電器 1,944円(初月のみ)
  • 端末 U2s(新品、レンタル代無料)

といった感じです。

解約のときの違約金は、

  • 0~12ヵ月目 20,520円
  • 13~24ヵ月目 15,120円
  • 26ヵ月目以降 10,260円
  • 更新月 0円

になります。

料金体系は買取型のポケットwifiに似ていますが、端末はレンタルになっています。そこには運営会社の影響があるんです。

どんなときもWiFi公式ページ

どんなときもwifiの運営会社は?

どんなときもwifiは、あのBroadWiMAXを運営してる株式会社リンクライフの子会社の株式会社グッド・ラックが運営しています。グッドラックはレンタルポケットwifiのNEXTmobileも運営している会社です。

いきなり出てきたものではなくて、バックボーンはしっかりしていますし、大手ですので、あやしい会社ではないです。

なので、買取型とレンタルのミックスのような感じにしてるとおもいます。

契約期間が2年間で違約金があったり、端末自体はレンタルっていうのは会社にとってはプラスだと思いますが、わたしたちにとっては、少し残念なポイントです。

どんなときもwifiの端末のU2sのスペックは?

どんなときもwifiの端末はU2sというものです。スペックは、

  • 下り最大 150Mbps
  • 上り最大 50Mbps
  • 連続通信時間 12時間
  • 同時接続台数 5台
  • 重量 151g
  • サイズ 127×65.7×14.2mm

になります。すこし通信速度がおそいですが、これはベストエフォートですので実際に使う際にはそれほど問題にはならないと思います。

他のレンタルポケットwifiとの比較

最後に、他のレンタルポケットwifiとの比較をしてみます。

縛りなしWiFi FUJI WiFi SPACE WiFi どんなときもwifi
1ヵ月料金 3,564円 3,456円 3,974円 3,758円
1年間料金 42,768円 43,632円 47,690円 48,336円
端末機種 603HW
502HW
W04
WX05
W04
w05
801ZT
W04
U2s
通信速度 612Mbps
187.5Mbps
440Mbps
440Mbps
440Mbps 300Mbps
440Mbps
150Mbps
通信制限 1日3G
3日10G
3日10G 3日10G なし
安心保障 540円/月 324円/月 540円/月 432円/月
初期費用 なし 2,160円  なし 3,240円
その他 2年目から
3,024円
SIMプラン有 民泊に最適 2年目から
4,298円
公式HP 縛りなしWiFi FUJI WiFi SPACE WiFi どんなときもWiFi

(通信速度はベストエフォートです)

比較してもらえればわかりますが、金額や通信スペック的には、やはり弊社のおすすめの縛りなしwifiには勝てません。

長期レンタルwifiの大手のFuji WiFiやSPACE WiFiにも金額的には劣っています。

とはいえ、ポイントは、いちばん初めに紹介した

  • ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの回線を使える
  • 通信量が無制限
  • 海外でも使える

という3つのすぐれたポイントがあります。

実際には、いまどこのキャリアの回線を使ってるのかはわかりませんが、場所的につながりにくところがかくじつにすくなくなるはずです。

また、通信量が100GB/月ではとうてい足りないとおもってるひとや、海外によく行くひとにとってはとても良いサービスだと感じます。

なので、どんなときもwifiをおすすめのひとは、

  • 本当の無制限で使いたい人
  • 通信環境が悪いひと
  • 海外に1ヵ月に1度は行くひと

になります。もしも、この条件にあてはまってましたら、こちらからどんなときもwifiの詳しいことをたしかめてみることをおすすめします。

どんなときもWiFi公式ページ