機種別

GMOとくとくBBの違約金はいくら?他社からの乗換えやキャッシュバックをもらっても・・・

GMOとくとくBB
≫縛りなしWiFi公式ページ


月間通信制限なし、契約期間縛りなし、手数料一切なし、端末本体代金なしの超高速通信のモバイルWiFiといえば【縛りなしWiFi】です。

わずか3,564円/月(税込)で、WiMAX2+かSBの高速通信を無制限に楽しむことができます。よくあるキャッシュバックもない代わりに、初期費用や端末代金など一切ありません。月額使用料だけでつかえます。

解約手数料もないので、1ヵ月以上使えばいつやめても大丈夫ですのでメチャクチャおすすめです!

縛りなしWiFiの詳細はこちら

こんにちは。国内向けのレンタルWifiマニアのあきらです。

ポケットwifiって便利ですよね。海外だけでなく、日本国内でも使ってるひとがどんどんと増えてきています。

あなたも、ポケットwifiをつかってみたいとおもってるはずです。ただ、どのポケットwifiをつかえばいいのか、迷ってるんじゃないでしょうか。

というのも、あなたもご存じのようにポケットwifiというと、GMOとくとくBBとか、Broad WiMAX、3WiMAXなどいろいろあってよくわかりませんし、携帯と同じように契約期間縛りやキャッシュバック、割引などがあって安いのか高いのかちょっとわかりにくいんです。

なので、GMOとくとくBBとか、Broad WiMAX、3WiMAXなどをはじめてしまった方たちの中にも、「しまった」「もっといいものがあった」「だまされた」なんて言ってるひともおおいです。あなたも聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

いちばんしまったとおもってるのは、契約期間縛りとキャッシュバックです。

2年しばりや3年しばりがあって、お金をはらわないと途中でやめれません。キャッシュバックももらい忘れてしまう方がおおいんです。

そんなポケットwifiですが、キャッシュバックなどなくても十分に安いものがあるとしたら、ためしてみたくありませんか?

じつは、2017年のおわりくらいからサービスが開始された縛りなしWiFiというレンタルwifiがとても格安で使いやすいと評判なんです。もっと早く知りたかったという声もおおいです。

ただ、じっさいにGMOとくとくBBを買うときにかかる費用や維持費、解約する時にかかる費用が縛りなしWiFiとどのくらいちがうのか比較しないとわかりませんよね。

今回は、GMOとくとくBBと縛りなしWiFiを徹底的に比較してみました。

両方のメリットやデメリットも比較していますので、どちらのポケットwifiにするかよく検討されてからを選んでいくことをおすすめします。

GMOとくとくBBの契約内容

まずは、GMOとくとくBBの契約内容を見ていきます。

GMOとくとくBBには、ギガ放題プランと通常プランがあります。ギガ放題プランは名前の通り、月間データ容量が制限なしで使えるプランです。通常プランは、月間データ容量が7GB使えるプランです。

ふたつのプランは600円ほどしかちがいませんので、おおくの人がギガ放題プランをつかっています。ここでは、ギガ放題プランを紹介します。すべて税込で書いてあります。

ギガ放題プランは、

  • 利用開始月 3,897円の日割り計算
  • 1,2ヵ月目 3,897円/月
  • 3~24か月目 4,604円/月
  • 25か月目以降 4,604円/月
  • 事務手数料 3,240円
  • 安心サポート 324円/月
  • 安心サポートワイド 540円/月
  • Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション 390円/月
  • オプションは開始後解約可能
  • キャッシュバック 最大36,150円(W05)

になっています。(参照:GMOとくとくBB公式サイト

安心サポート、ワイド、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションは、契約時にははずすことができません。どれも初月は無料ですので、いらない場合は端末が届いたらすぐに外す手間がかかります。

キャッシュバックは、端末の種類によって、30,400円から36,150円までかわってきます。いちばん多いキャッシュバックはW05になります。

更新月以外の解約には、違約金がかかってきます。

  • 1~24カ月以内 26,784円
  • 25か月目以降 10,260円
  • 更新月(37ヵ月目) 0円

という感じになっています。連絡をしないと、3年ごとの自動更新になります。

あらためて計算する必要もなく、見ただけでわかりますが、途中解約するとかならず損をします。というか、縛りなしWiFiに比べるとかなり高くなります。

縛りなしWiFiの契約内容

縛りなしWiFiの費用は、

  • 3,564円
  • 13ヵ月目以降 3,024円
  • 安心保障 540円/月

これ以外にはかかりません。

とてもシンプルでわかりやすいです。もちろん、GMOとくとくBBにかかる費用よりも安く上がりますし、いつやめても違約金なんてとられません。

では、もっとわかりやすく表にまとめてみます。

GMOとくとくBBと縛りなしWiFiの比較

では、GMOとくとくBBと縛りなしWiFiの比較をしていきます。

縛りなし とくとくBB
1,2ヵ月 3,564円/月 3,897円/月
3~12ヵ月 3,564円/月 4,604円/月
13~36ヵ月 3,024円/月 4,604円/月
解約金 なし あり
契約手数料 なし 3,240円
安心保障 540円 540円
3年間使用 115,344円 131,420円
(解約金なし)
(CB 36,150円)
1年で解約 42,768円 47,708円
(解約金26,784円含)
(CB 36,150円)
2年で解約 79,056円 86,432円
(解約金10,260円含)
(CB 36,150円)
機種 603HW
502HW
WX05
W04
W06
W05
WX05

といった感じです。CBはキャッシュバックの略です。キャッシュバックは契約から11か月目に申請する場もらえますが、わすれてしまったら、その分高くなります。

端末ごとのキャッシュバックは、

  • W06 31,000円
  • W05 36,150円
  • WX05 31,000円

よく見てもらえればわかりますが、GMOとくとくBBが縛りなしWiFiよりも得をするのは、最初の1,2ヵ月目しかありません。2ヵ月合わせて600円くらいですが、実際にGMOとくとくBBをやめようとおもえば、26,784円の解約金が必要ですので、縛りなしWiFiの何倍にもなFります。

1~3年で解約したときの縛りなしWiFiとの差額は、

  • 1年 4,940円
  • 2年 7,376円
  • 3年 16,076円

つまり、いつやめても、どのくらいつづけても縛りなしWiFiの方が損をせずにポケットwifiを手にすることができると言うことです。

ただ、実際に1年でGMOとくとくBBをやめようと思ったときは、

  • 11か月目に、36,150円のキャッシュバックをもらう
  • 12か月目に、26,784円の違約金をはらう

というかたちになりますので、せっかくもらったお金のなかから違約金をはらうというかんじになります。ちょっとメンタル的にさがってしまいますよね。

2年目はもっとテンションさがりますし、解約申請できる更新月は37ヵ月目だけで、しかも20日までに連絡しないといけないです。忘れてしまったら、さらに3年待つか、10,260円の違約金を払って解約することになります。

この部分がGMOとくとくBBのデメリットだと多くの方に言われています。つまり、キャッシュバックがたくさんあるとカン違いさせて契約させてるかんじになってるということです。

では、なぜ、多くのサイトで、あなたが損をするGMOとくとくBBを紹介してるかというと、GMOとくとくBBからお金がもらえるからです。

おすすめのポケットwifiとして上位にランクインさせていますが、じっさいのところ得をしてるのはメーカーとそのサイトの人で、あなたは損をしています。

ただ、今のところは縛りなしWiFiがポケットwifiをだんぜん安く使えますが、あたらしいサービスがどんどん出てきますので、いつも注意していた方がいいと思います。

GMOとくとくBBと縛りなしWiFiの解約方法

GMOとくとくBBと縛りなしWiFiの解約方法を紹介します。

GMOとくとくBBの解約方法

GMOとくとくBBを解約するには、まずBBnaviにログインします。BBnaviトップメニューで、『サービス・オプションの削除・解約』をクリックします。

次の画面のいちばん下にある「解約」ボタンをクリックすると、解約申請完了です。

ただ、更新月の20日までに申請しないと違約金が発生します。

  • 1~24カ月以内 26,784円
  • 25か月目以降 10,260円
  • 更新月(37ヵ月目) 0円

1ヵ月目というのは、端末が送られてきた月の翌月になります。

例えば、ちょっと先ですが、2019年の12月10日に一番初めの契約した場合、

  • 2019年12月分は20日分のみ
  • 2020年1月が1ヵ月目
  • 更新月 2023年1月
  • 2023/1/20までに連絡しないと違約金発生

という感じです。課金開始月を含む翌月が1ヶ月目になりますので注意しましょう。

もしも、契約年月日を忘れてしまっていたら、端末と一緒に送られてくる契約書面か、BBnavi内の「現在ご利用中のサービス確認」より確かめられます。

縛りなしWiFiの解約方法

縛りなしWiFiの解約方法はカンタンです。

くわしい解約方法などは縛りなしWiFi公式サイトに載っていますので確かめてみてください。

縛りなしWiFi公式ページ

ポケットwifiは断然縛りなしWiFiがおすすめ!1ヵ月目

GMOとくとくBBの違約金について説明してきましたが、お分かりになってもらえたでしょうか。

結論から言うと、GMOとくとくBBは月額利用料金は安いように見えますし、3万円以上のキャッシュバックがありますのでとても安く思われがちですが、違約金があるので結果的に高くなっています。

GMOとくとくBBの料金プランを見てもらえればわかりますが、契約してから3年後の1日から20日の間までに解約の連絡をしないとかならず違約金が発生します。

ちょっと想像してもらえればいいのですが、こんなに先の20日間にやらないといけないことって絶対に覚えておけませんよね。

キャッシュバックにしても、案内メールの送信日より翌月の末日までに受取口座の連絡をしなかったときは、何もなしになります。メールアドレスを変更したり、たくさん持っていたら漏れてしまう可能性もあります。

わたしは、キャッシュバックキャンペーンをしてる固定回線を申し込んだときに、2,3回わすれててしまいました。キャッシュバックがあることすらわすれました。

メーカーとしてはそれが手なのですが、ついついその気になってはじめてしまったことが何回もありました。

また、たとえしっかりと覚えておいて違約金なしで解約できたとしても、縛りなしWifiの方がいまのところお得になります。

そのポイントから考えてみると、GMOとくとくBBよりも安くておすすめのポケットwifiは、違約金がなくて利用料金がやすい縛りなしWiFiになります。

あなたがGMOとくとくBBと契約されていたら、縛りなしWiFiに代えるだけで、確実に安くなります。とりあえず、BBnaviで契約日を確かめてみてはどうでしょうか。

縛りなしWiFiが良い理由は、安いからだけではないです。

いちばんのおすすめの理由は、いつでもやめれるということです。ポケットwifiや携帯をやめるときって、もちろん使わなくなって辞めることもありますが、ほとんどの方は、あたらしい機種、スペックの良い機種、お得なサービスが発表されたときに乗り換えたい!っておもうはずです。

携帯なら乗り換えるときにお得なサービスもありますが、ポケットwifiはいまのところほとんどありません。しかも、いまの時代、1年たてばもう古い機種だと言っていいと思います。

つまり、どんどん新しくなっていくのに、解約金がもったいないから、古い機種を使い続けなくてはいけないということなんです。どうせなら、安い値段で新しい機種にどんどん乗り換えていく方がかしこいやり方だと思いませんか?

レンタルポケットwifiの唯一のデメリットは、端末があなたのものではないということです。なので、ポケットwifiをレンタルするとかんがえるよりは、サービスをレンタルしてるという感じで考えた方がいいです。さらにいつかは返さないといけないので、たいせつにする必要があります。

逆に言えば、無駄なゴミがでないのでラッキーです。使わなくなったら返せばいいだけですからね。

縛りなしWiFiは、1ヵ月3,564円でほとんど無制限に使うことができるとてもお得なレンタルポケットwifiです。その事に気づいた方は、どんどん乗り換えていってます。

あなたもポケットwifiを試してみたいな~とお考えでしたら、こちらから詳しいことをご覧になってみてください。最低1ヵ月使えば返却していいと公式ページに書かれていますので、お試し感覚でも申込みできます。

≫縛りなしWiFi公式ページ