レンタルサービス

WiFi東京レンタルショップの評判やレンタル料金と速度・機種・回線を徹底調査。当日や空港で受け取る方法は?

wifi東京レンタルショップ

こんにちは。国内向けのレンタルWifiマニアのあきらです。

国内向けのレンタルWiFiのなかで、いちばん遅くまで当日発送してくれるのが【WiFi東京レンタルショップ】です。夕方5時までに予約すれば当日出荷してくれますので、関東近郊などの1日で着く地域は翌日に手元に届きます。

【WiFi東京レンタルショップ】は、

  • 1週間の出張先にWifiがないとこまる
  • 旅行に行った先で持ち歩きたい
  • 長期入院のときに思いっきり動画を見たい
  • 引越し先で、固定回線の工事までWifiがない

などの短期間にWiFiルーターをレンタルしたい!と思ってる方にとても便利なレンタル会社です。

【WiFi東京レンタルショップ】でレンタルできる機種は「Pocket WiFi 502HW」だけです。502HWはY!mobile(SoftBank)のアドバンスモードがつかえる機種で、通信データ量を上限なしに使うことができるものです。

ただし、デメリットとして、

  • エリアは狭い
  • 3日で10GB越えると翌日の18時から26時まで1Mbpsに制限される

という特徴があります。

多くのWiFiレンタルと同様に、1日からかりることができますし、あなたのご自宅はもちろん、空港やホテル、病院、会社などでも受け取ることができます。

【WiFi東京レンタルショップ】の評判や月額料金と速度・機種・回線などを紹介します。
今すぐ【WiFi東京レンタルショップ】を試してみたいと思われたら、こちらのリンクから公式サイトでくわしいことをご覧になってください。

WiFi東京レンタルショップとは?

wifi東京レンタルショップ

ポケットWiFiというと、GMOとくとくBBとか、Broad WiMAX、3WiMAXなどが有名です。

でも、そういったポケットWiFiには2年しばり、3年しばりがありますので、出張期間中や旅行に行ってる1週間の間だけつかいたいと思っても無理です。

しかも、一度契約すると、契約月以外は違約金を払わないと解約させてもらえないところばかりです。

とはいえ、出張や旅行先で普通の電波をつかって動画を見たりネットを見てるとすぐに通信量の制限にひっかかってしまうことになります。

そんなときに便利なのが、WiFi東京レンタルショップです。

WiFi東京レンタルショップは、1日とか3日、1週間、長くても1ヵ月くらいの短期のレンタルにとても便利なレンタルポケットWiFiです。

 ちなみに、ポケットWiFiは、Y!mobile(旧イー・モバイル)の商標で、ほかにもモバイルルーターとかWiMAXなどの商標がありますが、この記事では、持ち運べるモバイルルーターをポケットWiFiと呼ぶことにします。

短期的にレンタルできるレンタルポケットWiFiにもいろいろな会社がりますが、WiFi東京レンタルショップは、

  • 1泊レンタルから細かいプランがある
  • 連絡すれば同じ金額で延長可能
  • 17時までの予約で当日発送
  • 全国の主要空港内の郵便局で受け取り可能
  • Wi-Fi東京の店頭で当日受け取り可能
  • ホテル、病院、会社などの施設で受け取り可能
  • 発送料、返送料がかかる
  • 破損、故障のときの全額免除の安全保証あり
  • 紛失時は、補償費15,000円

などの特徴があります。

レンタルの流れ

レンタルの流れ

レンタルの流れとしては、まず公式サイトで予約します。おそらく3分程度で済みます。その後、指定日、指定場所で受け取るだけです。

WiFi東京レンタルショップは、夕方の5時までに予約をすれば当日出荷してくれますので、北海道、沖縄、離島を除くだいたいのところは、翌日に届けてもらうことができます。

WiFi東京レンタルショップの店頭にいけば、当日でもレンタルすることができます。その時には、まず電話連絡するか、もしくはネットで予約してから電話をしましょう。

そして、使い終わったら、レターパックに入れてポストに投函するだけです。どこのポストでも良いですから、とても楽です。ポストに入れる日は、最終利用日の翌日の朝8時までだいじょうぶです。

もしも返す日にちを過ぎそうになったら電話をしましょう。同じ金額でレンタルすることができます。初めにクレジットカードの情報を登録するのですが、延長の場合、あとから差額分が請求されることになります。

電話をしない場合は、1日2,160円(税込)の延滞料金が付きますので注意が必要です。

レンタルできる機種のスペックは?

WiFi東京レンタルショップでレンタルできる機種は、

  • Pocket WiFi 502HW

この機種のみになっています。

スペックは、

  • 回線速度 4G(LTE):187.5Mbps、4G(AXGP):165Mbps
  • 通信方式 W-CDMA(3G)、FDD-LTE、AXGP
  • 接続台数 10台
  • 連続通信時間 10時間
  • 重さ 150g
  • サイズ(mm) 104x60x18.3
  • 発売日 2015.10
  • テレビチューナー搭載

(通信速度は下りのスピードです。単位はMbpsでベストエフォートになります)

アドバンスモードは、AXGP提供エリアで月間データ通信量の上限がなく利用できます。通常の買取型のばあいは、月額料金が684円必要ですが、レンタルの場合は、レンタル料金の中に含まれます。

テレビチューナーはついていますが、快適に使えるかどうかというと、疑問だと思います。

また、アドバンスモードは提供エリアがかなり狭いので確認が必要です。田舎の山間部はもちろん、町から少し離れた所でもつながらなくなります。かならず、こちらから確認しておきましょう。

502HW対応エリア

わたしの家の周りだとこんな感じです。赤い部分が4G対応エリアで、青い部分がアドバンスモード対応エリアです。

502HW対応エリア

いちどでも標準モードに変更すると、月間7GBの通信制限が適用されてしまいますので、注意が必要です。もしも、標準モードにしてしまって通信制限になってしまったら、別料金を支払わないと解除されません。ただ、おそらく解除も1GBくらいしかもらえないと思います。

なので、WiFi東京レンタルショップは、都心などの完全にアドバンスモードの地域のなかで利用する人向けと言えるんじゃないでしょうか。

届けてくれる場所は?

端末の受け取り

WiFi東京レンタルショップが届けてくれる場所は、

  • 自宅
  • 会社やホテル、病院などの施設
  • 空港の郵便局

などになります。いずれも、発送料と返送料込みで1,296円(税込)がかかります。さらに、

  • 北海道、九州 +432円(税込)
  • 四国・中国  +432円(税込)
  • 沖縄     +648円(税込)

がかかります。

受け取れる空港は、郵便局などがある空港で、郵便局、クロネコヤマト、空港カウンターなどで受け取れます。それぞれの受け取り可能な場所は公式ページより確認できます。

受け取り空港一覧

受け取る際には、本人確認書類が必要です。また、空港のクロネコヤマトの宅急便カウンターで受け取る際には、本人確認書類とと共に別途648円(税込)が必要です。

それぞれの空港ではQLライナーカウンター、GLOBAL WiFiカウンターで受け取りと返却をすることができます。時間外は返却ボックスがありますので安心です。

安心保障について

WiFi東京レンタルショップでは、安心保障を無料でつけることができます。条件としては、

  • LINE@の友だち追加
  • WEB会員登録

のどちらかをすることが必要になります。

保障される内容は、未加入の場合、故障、水濡れ、紛失、盗難は端末代金として40,000円が請求されます。

安心保障に加入すると

  • 故障や水濡れ・・・全額補償
  • 紛失や盗難・・・15,000円負担

になります。もしもの場合40,000円も払わないといけませんから、安心保障は無料なので入っておいた方がいいと思います。

WiFi東京レンタルショップの特徴としては、

  • 1泊レンタルから細かいプランがある
  • 連絡すれば同じ金額で延長可能
  • 17時までの予約で当日発送
  • 全国の主要空港内の郵便局で受け取り可能
  • Wi-Fi東京の店頭で当日受け取り可能
  • ホテル、病院、会社などの施設で受け取り可能
  • 発送料、返送料がかかる
  • 破損、故障のときの全額免除の安全保証あり
  • 紛失時は、補償費15,000円

WiFi東京レンタルショップを使ってる方の評価は?

評価や口コミ

WiFi東京レンタルショップを使ってる方の最新の口コミや評価をツイッターから集めました。


確かにだいぶ小さな会社のような気がします。


ツイッターにはあまり口コミらしいものがなくて、マイナスのつぶやきがふたつあっただけでした。あとは、広告だけで、実際のところはつかってみないと何とも言えないと言う感じです。参考にならなくてすみません。

WiFi東京レンタルショップのレンタルプラン一覧

WiFi東京レンタルショップのプランを紹介します。税抜き価格です。

  • 2日 1000円
  • 3日 1500円
  • 4日 2000円
  • 5日 2500円
  • 6日 3000円
  • 7日 3500円
  • 8~15日 4000円
  • 16日 4500円
  • 17日 5000円
  • 18日 5500円
  • 19日 6000円
  • 20~30日 6500円
  • 45日まで 10500円
  • 60日まで 13000円
  • 75日まで 17000円
  • 90日まで 18000円
  • 180日まで 33000円

(3日というのは、2泊3日のことです)

この金額に、配送料の1200円(税抜)が加わります。LINE登録やWEB登録が嫌な場合、安心保障をつけるには500円(税抜)がかかります。

たとえば、8~15日間(7泊8日から14泊15日)借りようとすると、本州にお住まいの場合、

(4000円+1200円+500円)x1.08=6156円(税込)

かかるということになります。2週間で6000円ちょっとが高いかどうかは、その人次第になると思います。

WiFi東京レンタルショップのメリットとデメリット

WiFi東京レンタルショップのメリット

FUJI WiFiのメリット

わたしが感じたWiFi東京レンタルショップのメリットは、

  • アドバンスモードがつかえる
  • 1日から借りられる
  • 空港やホテル、施設などでも受け取り可能
  • 1週間以上2週間は同じ金額

です。

やはり、いちばんの大きなメリットは、アドバンスモードがつかえるというポイントだとおもいます。

それを考えると、アドバンスモードがかなり狭いエリアなので、社名にも入っているように、とうきょうのなかで、特に23区内とかの都会で使うひとのためのレンタルWiFiルーターではないでしょうか。

WiFi東京レンタルショップのデメリット

デメリット

わたしが感じるWiFi東京レンタルショップのデメリットとしては、

  • レンタル料が高い
  • 地方では使えない

です。やはり、わたしの感覚としては、無制限プランを1日レンタルして500円というのは少し高いと感じます。1週間しか使わない場合でも3500円+配送料の1200円がかかるからです。

また、地方に住んでたり旅行に行く場合、アドバンスモードを使えません。アドバンスモードがつかえないと、標準モードになって7GBまでしか使えません。それを超えると、128kbpsになってしまいますので、動画はもちろん見れなくなります。

そのあたりを考えると、本当に使うひとを選ぶ端末ではないでしょうか。

WiFi東京レンタルショップの申し込み方法と返却方法

wifi東京レンタルショップ

WiFi東京レンタルショップの申し込み

WiFi東京レンタルショップの申し込み紹介します。

まずこちらからWiFi東京レンタルショップのトップ画面に行きます。

WiFi東京レンタルショップ公式サイト

下にスクロールすると、カンタンレンタル予約という文字と端末の画像がでますので、どれでも良いですからクリックします。

wifi東京レンタルショップの申し込み方法

次の画面で、

  • 数量
  • レンタル期間
  • 安心保障プラン

の3つをクリックして、あなたのレンタルしたい数量、期間、プランを選びます。すべて入れたら、「すぐに購入する」をクリックします。

wifi東京レンタルショップの申し込み方法

次の画面で、数量や価格を確認したら、右下にある「ご購入手続きへ進む」をクリックします。amazon payで支払う場合は、そちらをクリックします。

wifi東京レンタルショップの申し込み方法

個人情報の入力画面になりますので、

  • クーポンコード(あれば)
  • 名前
  • 電話番号
  • メルアド
  • 住所
  • お届け日時

などを入力して、いちばん下の「次へ」をクリックします。

wifi東京レンタルショップの申し込み方法

次の画面では、銀行振込かクレジットカード支払いかを選択します。銀行振込の場合、後から来るメールに書かれた口座に保証金15,000円も振込む必要があります。クレジットカードの場合は、カード情報を入力します。一番下の「次へ」をクリックします。

wifi東京レンタルショップの申し込み方法

確認画面になりますので、金額等を確認したら、下にある「注文内容を確定する」をクリックすれば、予約完了です。

wifi東京レンタルショップの申し込み方法

以上が申し込み方法です。

あとは、端末がくるのを待つだけですが、配達時に家にいなくて運送屋さんが持ち帰ってしまったときも、その日から利用開始となりますので注意しましょう。

WiFi東京レンタルショップの返却方法

WiFi東京レンタルショップの返却方法を紹介します。

返却方法はとても簡単です。送られてきた中に、レターパックが入っていますので、その中にいれてどこでも良いですからポストに入れるだけです。

入れる期限は、利用終了日の翌日の朝8時までです。もちろん、終了日の前でも返すことができます。

もしも、終了日になっても返却できない場合は、必ず電話で連絡しましょう。延長分だけ、同じ金額でレンタルすることができます。

何も連絡しないで延滞してると、延滞料金が発生します。1日あたり2160円(税込)の延滞料金が取られますので、もったいないです。

WiFi東京レンタルショップのおすすめは?

オススメ

WiFi東京レンタルショップの評判やレンタル料金と速度・機種・回線などを説明してきましたが、お分かりになっていただけたでしょうか。

とても簡単に説明すると、レンタルできる端末と通信量のプランは、

  • 502HW
  • アドバンスモード(無制限)、165Mbps
  • 1日540円(税込)
  • 8~15日間は一律4,320円(税込)
  • 16~19日間は540円加算
  • 20~30日間は一律7,020円(税込)
  • 配送料1,200円

になります。

502HWをどうしても使ってみたいとか、都心の真ん中でポケットWiFiを使いたいと思われたら、いちどつかってみることをおすすめします。

逆に、地方にいたり、今までにレンタルを一度も使われたことがないのでしたら、とりあえず、ほかのレンタルWiFi会社を見てから決めることをお勧めします。

このサイトには、主要なレンタルWiFi会社の金額や端末の種類を載せていますから、参考にしてみて下さい。

より詳しいことは、こちらの公式サイトをお読みください。