レンタルサービス

WiFiレンタルどっとこむの評判やレンタル料金と速度・機種・回線を徹底調査。当日や空港で受け取る方法は?

こんにちは。国内向けのレンタルWifiマニアのあきらです。

国内向けのレンタルWiFiのなかで、最大手なのが【WiFiレンタルどっとこむ】です。2001年に創業されて、東京証券取引所市場第一部へ上場している株式会社ビジョンが運営しています。WiFiレンタルは2012年から始められました。

【WiFiレンタルどっとこむ】は、

  • 1週間の出張先にWifiがないとこまる
  • 旅行に行った先で持ち歩きたい
  • 長期入院のときに思いっきり動画を見たい
  • 引越し先で、固定回線の工事までWifiがない

などの短期のレンタルにとても便利で使いやすいレンタル会社になります。

【WiFiレンタルどっとこむ】は、6機種、4回線で計12プランからあなたに合ったプランをえらんでレンタルすることができます。1ヵ月レンタルで、1日88円からレンタルできるプランもありますので、とてもリーズナブルです。

あなたのご自宅はもちろん、空港やホテル、病院、会社などでも受け取ることができます。【WiFiレンタルどっとこむ】の評判や月額料金と速度・機種・回線などを紹介します。

今すぐ【WiFiレンタルどっとこむ】を試してみたいと思われたら、こちらのリンクから公式サイトでくわしいことをご覧になってください。

WiFiレンタルどっとこむとは?

WiFiレンタルどっとこむ

ポケットWiFiというと、GMOとくとくBBとか、Broad WiMAX、3WiMAXなどが有名です。

でも、そういったポケットWiFiには2年しばり、3年しばりがありますので、出張期間中や旅行に行ってる1週間の間だけつかいたいと思っても無理です。

しかも、一度契約すると、契約月以外は違約金を払わないと解約させてもらえないところばかりです。

とはいえ、出張や旅行先で普通の電波をつかって動画を見たりネットを見てるとすぐに通信量の制限にひっかかってしまうことになります。

そんなときに便利なのが、WiFiレンタルどっとこむです。

WiFiレンタルどっとこむは、1日とか3日、1週間、長くても1ヵ月くらいの短期のレンタルにとても便利なレンタルポケットWiFiです。

 ちなみに、ポケットWiFiは、Y!mobile(旧イー・モバイル)の商標で、ほかにもモバイルルーターとかWiMAXなどの商標がありますが、この記事では、持ち運べるモバイルルーターをポケットWiFiと呼ぶことにします。

短期的にレンタルできるレンタルポケットWiFiにもいろいろな会社がりますが、WiFiレンタルどっとこむは、

  • 1日レンタルから13泊14日まで1日おきの細かいプランがある
  • 14泊以上31日までは同じ金額
  • 延長可能で自動延長
  • 6機種から選べる
  • 大手4回線から選べる
  • 13時までの予約で当日発送
  • 全国の空港12か所で受け取り可能
  • 新宿、渋谷の店舗で受け取り可能
  • ホテル、病院、会社などの施設で受け取り可能
  • 発送料、返送料がかかる
  • 破損、故障、紛失のときの安全保証あり
  • モバイルバッテリー無料キャンペーン中

などの特徴があります。

レンタルの流れ

受け取りから返却の流れ

6機種、4回線を組み合わせた12プランがありますが、全て、当日から13泊14日まで1日単位で細かくレンタルすることができます。

そのあとは、14泊以上30泊まで日借りても同じ金額になります。それ以降は1日あたりの金額が決まっていて、自動的に加算されていきます。

なので、14泊前後レンタルするときは、始めから31日間レンタルすることにしておけば、返す日にちを気にしなくても大丈夫ですのでお勧めです。

もしも返す日にちを過ぎてしまったら自動延長で行われます。初めにクレジットカードの情報を登録するのですが、延長の場合、あとから差額分が請求されることになります。返し忘れたからと言って金額が上がるということはないです。

WiFiレンタルどっとこむは、午後1時までが当日発送の締め切りになります。その時間までに申し込めば、地域に寄りますが、最短翌日に届くことができます。

ただ、ある程度余裕を持って頼んでおきましょう。レンタルの日にちを設定しておけば、その日に配達してくれるようにWiFiレンタルどっとこむのほうで調整してくれるからです。

レンタルできる6機種とは?

レンタルできる機種

WiFiレンタルどっとこむでレンタルできる6機種を紹介します。

  • SoftBank E5383
  • docomo E5383
  • SoftBank 601HW
  • SoftBank 501HW
  • SoftBank 303ZT
  • WiMAX WX03
  • SoftBank Glocal Me

になっています。E5383は、ソフトバンクとドコモの回線を使ってる2パターンあります。

それぞれのスペックを比較してみます。

機種 回線速度 通信方式 接続台数 重さ サイズ
E5383 300 LTE,UMTS 10台 120g 95x58x16.4
601HW 612 LTE,AXGP 14台 135g 109.9×65.1×15.5
501HW 187.5 LTE,AXGP 10台 150g 104x60x18.3
303ZT 165 LTE,AXGP 14台 150g 117x62x13.9
WX03 440 WiMAX2+ 10台 110g 99x62x13.2
Glocal Me 150 LTE,他 5台 240g 126.5x65x19

(通信速度は下りのスピードです。単位はMbpsでベストエフォートになります)

Glocal Meは、国内だけでなくて海外でも使えるものです。

総合的に見ると、わたしてきにはやはりソフトバンクの601HWか、WX03がオススメだと思います。ちなみに、人気の順番は、

  1. ソフトバンク E5383
  2. ソフトバンク 601HW
  3. ソフトバンク 501HW

になっています。

届けてくれる場所は?

受け取れる場所

WiFiレンタルどっとこむが届けてくれる場所は、

  • 自宅
  • 会社やホテル、病院などの施設
  • コンビニ、ヤマト運輸直営店
  • 空港、渋谷、新宿の営業所

などになります。いずれも、発送料と返送料がかかります。

コンビニとヤマト運輸直営店、空港、渋谷と新宿の営業所受け取りは、「宅配便納品完了のおしらせメール」と本人確認できる免許証などの書類が必要になります。くわしくは、申し込んだときに送られてくるメールに書かれています。

受け取れる空港は、

  • 成田空港第一
  • 成田空港第二
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 中部国際空港
  • 福岡空港
  • 新千歳空港
  • 那覇空港
  • 小松空港
  • 富士山静岡空港
  • 仙台空港

それぞれの空港ではQLライナーカウンター、GLOBAL WiFiカウンターで受け取りと返却をすることができます。時間外は返却ボックスがありますので安心です。

詳しい位置と営業時間、申し込みの締め時間は、こちらのWiFiレンタルどっとこむ公式サイトをごらんください。⇒WiFiレンタルどっとこむ公式サイト

また、新宿と渋谷にある営業所で直接受け取れます。

新宿の歌舞伎城は

  • 東京都新宿区歌舞伎町1-14-5歌舞伎城1F
  • 11:00~20:00
  • 03-5291-6556

新宿営業所では、当日に借りることができる場合があると言うことです。緊急の場合は、電話をしてみることをお勧めします。

渋谷ちかみちは、

  • 東急田園都市線・東急東横線地下コンコース B1
  • 10:00~20:00
  • 年中無休

安心補償サービスについて

WiFiレンタルどっとこむでは、安心補償サービスを1日あたり43円でつけることができます。

補償内容は、

  • 故障や水濡れなど・・・全額補償
  • 紛失や盗難など・・・端末代金の80%を補償

となっています。具体的には、端末とSIMを合わせれば2万円以上にはなりますから、安心補償サービスはわずかな金額なので入っておいた方がいいと思います。

その他のオプション

その他のオプションとしては、

  • モバイルバッテリー 無料サービス中
  • 無線子機 30円/日(10日以上一律300円)
  • カーチャージャー 100円/日(10日以上一律1,000円)

モバイルバッテリーは、通常なら1日あたり200円のところ、無料で使えるキャンペーンをしています。このモバイルバッテリーは、スマホと端末が同時に充電できる優れものです。

無線子機は、無線LAN接続ができないパソコンでも、USB接続すると無線でインターネットにつなげることができるものです。32日目以降は、300円と1日あたり10円がかかります。

カーチャージャーは、車のシガーライターソケットからWiFi機器やお持ちの機器の充電可能なUSBタイプのものです。2口ありますのでスマホとルーターを同時に充電できます。

レンタカーで移動される時にとても便利です。32日目以降は、1,000円と1日あたり32円かかります。

WiFiレンタルどっとこむの特徴としては、

  • 1日おきの細かいプランがある
  • 14泊以上31日は同じ金額
  • 自動延長
  • 6機種から選べる
  • 大手4回線から選べる
  • 13時までの予約で翌日配達可能の地域がある
  • 全国の空港12か所で受け取り可能
  • 新宿、渋谷の店舗で受け取り可能
  • ホテル、病院、会社などの施設で受け取り可能
  • 発送料、返送料がかかる
  • 破損、故障、紛失のときの安全保証あり
  • モバイルバッテリー無料キャンペーン中

WiFiレンタルどっとこむを使ってる方の評価は?

評価や口コミ

WiFiレンタルどっとこむを使ってる方の最新の口コミや評価をツイッターや楽天から集めました。


303ZTをレンタルされたようですが、かなり使い勝手がよかったようです。たくさんの写真をアップロードしても問題なかったようでよかったです。


やはり、年間契約を嫌うひとは徐々に増えていってるようです。


場所は東京の様ですが、東京と言っても広いので何とも言えません。周りの建物も影響してくるし、どの端末で測定したかにもよります。


公式ページでは、E5383はソフトバンク回線で無制限で、1日10GBをこえるとソフトバンクから通信制限がかかる可能性があると書かれていました。この方がどの端末を使ったのか知りたいですね。


wifiレンタルどっとこむ以外は、訪日外国人向けと海外旅行向けなので、割高なのかもしれません。

WiFiレンタルどっとこむのレンタルプラン一覧

WiFiレンタルどっとこむのプランを紹介します。全部で12種類のプランがあります。

  • SoftBank E5383 無制限、5GB
  • ドコモ E5383 12GB、5GB
  • SoftBank 601HW 無制限、7GB
  • SoftBank 501HW 無制限、10GB、7GB
  • SoftBank 303ZT 無制限
  • WiMAX WX03 無制限
  • SoftBank GlocalMe 無制限

SoftBank E5383

E5383

ソフトバンク回線とE5383の組み合わせたプランで、通信量が無制限と5GBまでの二つがあります。

無制限プラン

レンタル中(1ヵ月単位)に通信量を無制限つかえるプランです。いちばんの人気プランになります。他の無制限プランと全く同じ料金体系です。

  • 1日あたり 432円(税込)
  • 14泊以上(15~31日) 6,480円
  • 32日目以降は209円/1日加算
  • データ無制限
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

1日あたり432円なので、3泊4日でしたら、4x432円=1,728円(税込)かかるということです。そして、32日(31泊32日)かりると、6,480円+209円になります。

通信制限はありませんが、1日10GB以上の通信利用や違法性のある利用(ファイル交換など)が認められたら、ソフトバンクによって通信制限がかかる可能性があるということです。

たとえ通信制限がかかったとしても交換や返金はできないということです。

5Gプラン

レンタル中(1ヵ月単位)で5GBまでつかえるプランです。

  • 当日 1,200円
  • 1泊2日 1,820円
  • 2泊3日以降30泊31日まで 2,730円
  • 32日以降 88円/1日加算
  • 通信量は5GBまで
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

1日と2日は、無制限よりも高いですが、3日目以降は2,730円の同じ値段になります。値段は安いですが、5GBまでしか使うことができず、超えてしまったときには、128kbpsまで落ちてしまいます。

なので、5GBプランは、LINEやメールなどの使用頻度が低い方向けのプランになります。

E5383のスペックは、

通信速度 300Mbps(ベストエフォート)
通信方式 LTE、UMTS(3G)
バッテリー時間 13時間(LTE)
重量 120g
サイズ(mm) 95(W)x58(H)x16.4(D)
接続台数 10台
発売日 2015.12

docomo E5383

E5383

ドコモのXiとE5383の組み合わせプランで、通信量が12GBと5GBまでつかえる二つのプランがあります。

12GBプラン

レンタル中(1ヵ月単位)で12GBまでつかえるプランです。

  • 当日 1,400円
  • 1泊2日 2,800円
  • 2泊3日以降30泊31日まで 3,670円
  • 32日以降 118円/1日加算
  • 通信量は12GBまで
  • ドコモXi
  • サービスエリアはこちら⇒サービスエリア検索

動画も少し見る方向けのプランです。大容量通信には向いていません。

5GBプラン

レンタル中(1ヵ月単位)で5GBまでつかえるプランです。

  • 当日 1,200円
  • 1泊2日 1,820円
  • 2泊3日以降30泊31日まで 2,730円
  • 32日以降 88円/1日加算
  • 通信量は5GBまで
  • ドコモXi
  • サービスエリアはこちら⇒サービスエリア検索

価格はソフトバンクE5383の5GBプランと同じです。

機種は同じなのでスペックもおなじです。

通信速度 300Mbps(ベストエフォート)
通信方式 LTE、UMTS(3G)
バッテリー時間 13時間(LTE)
重量 120g
サイズ(mm) 95(W)x58(H)x16.4(D)
接続台数 10台
発売日 2015.12

SoftBank 601HW

601HW

通信量が無制限と7GBまでつかえる二つのプランがあります。

無制限プラン(1日1GBまで)

無制限プランとなっていますが、1日1GB超えると深夜12時まで通信制限がかかり、128kbpsになってしまいます。深夜12時でリセットされますので、翌日はまたゼロから始まります。

  • 1日あたり 378円(税込)
  • 14泊以上(15~31日) 5,480円
  • 32日目以降は176円/1日加算
  • 通信量は1日1GBまで
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

1日あたり378円なので、3泊4日でしたら、4x378円=1,512円(税込)かかるということです。そして、32日(31泊32日)かりると、5,480円+176円=5,656円になります。

7GBプラン

レンタル中(1ヵ月単位)で7GBまでつかえるプランです。

  • 当日 1,400円
  • 1泊2日 2,750円
  • 2泊3日以降30泊31日まで 3,670円
  • 32日以降 118円/1日加算
  • 通信量は7GBまで
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

かなりライトユーザー向け商品です。

601HWのスペックは、

通信速度 612Mbps(ベストエフォート)
通信方式 FDD-LTE、AXGP、TDD-LTE
バッテリー時間 8.5時間
重量 135g
サイズ(mm) 109.9(W)x65.1(H)x15.5(D)
接続台数 14台
発売日 2017.3

SoftBank 501HW

501HW

通信量が無制限と10GB、7GBまでつかえる3つのプランがあります。また、501HWはテレビチューナーが付いています。

無制限プラン

レンタル中(1ヵ月単位)に通信量を無制限つかえるプランです。

  • 1日あたり 432円(税込)
  • 14泊以上(15~31日) 6,480円
  • 32日目以降は209円/1日加算
  • データ無制限
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

他の無制限プランと全く同じ料金体系です。1日あたり432円なので、3泊4日でしたら、4x432円=1,728円(税込)かかるということです。そして、32日(31泊32日)かりると、6,480円+209円になります。

通信制限はありませんが、1日10GB以上の通信利用や違法性のある利用(ファイル交換など)が認められたら、ソフトバンクによって通信制限がかかる可能性があるということです。

たとえ通信制限がかかったとしても交換や返金はできないということです。

10GBプラン

レンタル中(1ヵ月単位)で7GBまでつかえるプランです。

  • 当日 1,500円
  • 1泊2日 3,000円
  • 2泊3日以降30泊31日まで 4,410円
  • 32日以降 142円/1日加算
  • 通信量は10GBまで
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

WEB閲覧や各種SNS利用者向けです。

7GBプラン

レンタル中(1ヵ月単位)で7GBまでつかえるプランです。

  • 当日 1,350円
  • 1泊2日 2,700円
  • 2泊3日以降30泊31日まで 3,570円
  • 32日以降 115円/1日加算
  • 通信量は7GBまで
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

かなりライトユーザー向け商品です。

501HWのスペックは、

通信速度 187.5Mbps(ベストエフォート)
通信方式 W-CDMA(3G)、FDD-LTE、AXGP
バッテリー時間 約10時間
重量 150g
サイズ(mm) 104(W)x60(H)x18.3(D)
接続台数 10台
発売日 2015.10

SoftBank 303ZT

303ZT

無制限プランのみです。

無制限プラン

レンタル中(1ヵ月単位)に通信量を無制限つかえるプランです。

  • 1日あたり 432円(税込)
  • 14泊以上(15~31日) 6,480円
  • 32日目以降は209円/1日加算
  • データ無制限
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

他の無制限プランと全く同じ料金体系です。1日あたり432円なので、3泊4日でしたら、4x432円=1,728円(税込)かかるということです。そして、32日(31泊32日)かりると、6,480円+209円になります。

通信制限はありませんが、1日10GB以上の通信利用や違法性のある利用(ファイル交換など)が認められたら、ソフトバンクによって通信制限がかかる可能性があるということです。

たとえ通信制限がかかったとしても交換や返金はできないということです。

303ZTのスペックは、

通信速度 165Mbps(ベストエフォート)
通信方式 W-CDMA(3G)、FDD-LTE、AXGP
バッテリー時間 約9時間
重量 150g
サイズ(mm) 117(W)x62(H)x13.9(D)
接続台数 14台
発売日 2014.9

WiMAX WX03

WX03

無制限プランのみです。

無制限プラン

レンタル中(1ヵ月単位)に通信量を無制限つかえるプランです。

  • 1日あたり 432円(税込)
  • 14泊以上(15~31日) 6,480円
  • 32日目以降は209円/1日加算
  • データ無制限
  • WiMAX2+
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

他の無制限プランと全く同じ料金体系です。1日あたり432円なので、3泊4日でしたら、4x432円=1,728円(税込)かかるということです。そして、32日(31泊32日)かりると、6,480円+209円になります。

無制限ですが、3日で10GBを超えると、通信制限がかかります。翌日の18時から深夜2時まで1Mbpsに落ちてしまいます。

また、WiMAX2+をつかっていますので、建物内では電波が弱くなります。たとえ使えなくても交換や返金はできないということです。

WX03のスペックは、

通信速度 440Mbps(ベストエフォート)
通信方式 WiMAX2+
バッテリー時間 約8時間
重量 110g
サイズ(mm) 99(W)x62(H)x13.2(D)
接続台数 10台
発売日 2016.12

SoftBank Glocal Me

Glocal Me

国内だけでなく、海外でも使える機種です。国内では無制限です。

無制限プラン

  • 1日あたり 432円(税込)
  • 14泊以上(15~31日) 6,480円
  • 32日目以降は209円/1日加算
  • データ無制限
  • SoftBank 4G LTE
  • サービスエリアはこちら⇒マップ

他の無制限プランと全く同じ料金体系です。1日あたり432円なので、3泊4日でしたら、4x432円=1,728円(税込)かかるということです。そして、32日(31泊32日)かりると、6,480円+209円になります。

通信制限はありませんが、月間100GB以上の通信利用や違法性のある利用(ファイル交換など)が認められたら、ソフトバンクによって通信制限がかかる可能性があるということです。たとえ通信制限がかかったとしても交換や返金はできないということです。

Glocal Meのスペックは、

通信速度 150Mbps(ベストエフォート)
通信方式 W-CDMA(3G)、FDD-LTE、TD-LTE他
バッテリー時間 約15時間
重量 240g
サイズ(mm) 126.5(W)x65(H)x19(D)
接続台数 5台
発売日 2017.1(アマゾンで)

以上がWiFiレンタルどっとこむのプランになります。スマホで1GB使うとなると、

  • ユーチューブモバイルで8時間くらい
  • メールを20万通
  • ヤフーのトップページを4300回位見る
  • グーグルマップは1300回位

という感じです。パソコンの場合はもっと少なくなります。ユーチューブを480pで見れば、2時間くらいです。

動画を見る人にとっては、1GBはかなり少ないと思います。レンタルする前に、1日にどのくらい使ってるかを調べておいた方がいいとおもいます。それぞれのキャリアのマイページで確認できるはずですので、レンタル前に確認しておきましょう。

WiFiレンタルどっとこむのメリットとデメリット

WiFiレンタルどっとこむのメリット

FUJI WiFiのメリット

わたしが感じたWiFiレンタルどっとこむのメリットは、

  • 1日から借りられる
  • 空港やホテル、施設などでも受け取り可能
  • 14日以上1ヵ月までは同金額
  • 安全保障に紛失もふくまれる

です。

やはり、1日刻みで借りることができるというは、お金を節約するといった意味でもとても大切です。

ただ、レンタル日数は、あなたが受け取った日から荷物追跡システムのある運送会社に手渡した日ですので注意が必要です。返却期限ぎりぎりに郵便ポストに入れると、荷物追跡システムがありませんので延滞料金がついてしまいます。

たとえそうなっても延滞のペナルティはなくて、同じ金額を払うので心配はないのですが、余裕を持って返した方が良いと思います。

また、空港でも専用のデスクがあったりするのも安心できます。その場でつなげてみたり説明を聞くことができます。

まあ、使い方はそれほど難しくもなくて、子供でもできるレベルですのでそれほど心配はないです。

安全保障に紛失もふくまれてるのは大きいです。紛失や重大な故障の場合、安全保障が聞かないところが多いのですが、WiFiレンタルどっとこむは、紛失の場合80%までですが保証してくれるので安心できます。

WiFiレンタルどっとこむのデメリット

デメリット

わたしが感じるWiFiレンタルどっとこむのデメリットとしては、

  • レンタル料が高い

です。やはり、わたしの感覚としては、無制限プランを1日レンタルして432円というのは少し高いと感じます。1週間しか使わない場合は、もちろん安いのですが、レンタルする日にちが長いほど、いろいろな会社をみていきましょう。

というのも、長期間のレンタルWiFiの会社では、1ヵ月で3000円台、4000円台という所があるからです。なので、レンタル期間の価格をくらべてみて、安い方を借りた方がいいような気もします。

具体的には、1週間以内ならWiFiレンタルどっとこむでまったく問題ないですが、1ヵ月以上になると他の会社と比較していきましょう。また、レンタルできる端末をくらべてみるのもたいせつです。安くても性能がわるければどうしようもないですから。

WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法と返却方法

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむの申し込み

WiFiレンタルどっとこむの申し込み紹介します。

まずこちらからWiFiレンタルどっとこむのトップ画面に行きます。右上の「お申し込み」をクリックします。

Wifiレンタルどっとこむ公式サイト

WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法

端末を選ぶ画面で、

  • あなたがレンタルしたい端末の台数
  • 受け取り方法と返却方法
  • 利用期間
  • 安心補償サービスとオプションの選択
  • あればクーポン番号

を入力したら、いちばん下の「次へ」をクリックします。

WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法 WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法 WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法 WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法 WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法 WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法

次の画面で、あなたのレンタル情報を確認したら、

  • 名前や生年月日などのあなたの情報
  • クレジットカード情報

を入れて、いちばん下の「お申し込み」をクリックすれば、手続き完了画面になります。

WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法 WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法 WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法

以上が申し込み方法です。

あとは、端末がくるのを待つだけですが、配達時に家にいなくて運送屋さんが持ち帰ってしまったときも、その日から利用開始となりますので注意しましょう。

WiFiレンタルどっとこむの返却方法

WiFiレンタルどっとこむの返却方法を紹介します。

返却方法は、3つあります。

  • 同梱される返送用伝票で運送会社を使って返す
  • 同梱される返送用封筒に入れて郵便ポストにいれる
  • 空港で返す

になります。

ひとつ目は、同梱されてる運送会社の返送用伝票をコンビニや運送会社の営業所などで発送するだけです。ただし、返送料はこちら持ちになるのでお金を払わないといけません。また、コンビニなどを使って翌日集荷になってしまったときは、返したのが翌日扱いになります。

二つ目は郵便ポストに入れるものですが、荷物追跡システムがないために、WiFiレンタルどっとこむに着いた日が返却日になります。

3つ目は、空港のカウンターで手渡したり、返却ボックスに入れる方法です。返却ボックスの場合、翌日の営業時間までは、前日扱いになります。空港で返すときも返却手数料の540円が1台あたりかかってきます。

レンタルは、端末が届いた日が利用開始日となって、宅配便以外はWiFiレンタルどっとこむに端末が届いた日が利用終了日になりますので注意しましょう。

利用終了日までに返却完了にならない時には、自動延長になります。延長料金は毎月月末締め翌月請求になります。

WiFiレンタルどっとこむのおすすめは?

オススメ

WiFiレンタルどっとこむの評判やレンタル料金と速度・機種・回線などを説明してきましたが、お分かりになっていただけたでしょうか。

とても簡単に説明すると、レンタルできる端末と通信量のプランは、

  • SoftBank E5383 無制限、5GB
  • ドコモ E5383 12GB、5GB
  • SoftBank 601HW 無制限、7GB
  • SoftBank 501HW 無制限、10GB、7GB
  • SoftBank 303ZT 無制限
  • WiMAX WX03 無制限
  • SoftBank GlocalMe 無制限

になります。

そしてどうせレンタルするのでしたら、各端末の無制限のプランがストレスなく使えるのでお勧めです。価格はどの端末も一律で、

  • 1日あたり432円
  • 14泊以上1ヵ月 6,480円

になります。

あとは、どのサービスエリアがあなたの行先と通信環境をあわせるだけです。

もしもどれにしようか迷ったら、わたしのおすすめは、SoftBank 601HW 無制限プランです。

発売されたのが2017年と、レンタルする端末の中で一番新しい機種ですし、通信スピードも612Mbpsとかなり早いのですが、ソフトバンク回線を使ってるので、多少市街地を離れてもつながってくれると思います。

まずは、この機種が残ってるかどうかを確かめてから、レンタルするかどうかをかんがえましょう。

もしも、今までにレンタルを一度も使われたことがないのでしたら、試しにつかってみることです。逆に他の会社でレンタルして、不都合な事があったら、試しにWiFiレンタルどっとこむでレンタルしてみませんか?

どこの会社で借りても端末は同じですので、あとは、値段とレンタルする手間を比較するだけです。その点では、業界最大手だと言うことと、空港にはサービスカウンターまであるので、多くのひとが借りてるので安心です。

もしもWiFiをレンタルする予定がありましたら、こちらから詳しいことを確かめてみましょう。